年頭のご挨拶 (令和4年 元旦)

  逗子開成グループ飛躍の年に!

 







逗子開成学園校友会 会長 
後藤 寿一(高19回)

 明けましておめでとうございます。校友の皆様におかれましては希望と期待を持って、新しい年を迎えられたことと思います。
 校友会も昨年同様コロナ禍の影響で対面での幹事会、本部及び各地区会の総会などが全て中止になりました。コロナ感染者は大幅に減少しておりますが、まだ予断を許す状況ではありません。
 このような環境下ではありますが、今年は会員名簿の整備と校友ネットワークの更なる充実を図っていきます。幸い、若手会員の活動によって、ビジネス交流の足掛かりも徐々に構築されつつあります。
 共同体のように顔見知りの人々が、同じ地域の中で密接にかかわりあっている地区会の利点と職場や生活領域が異なる人々が集約される本部機能を融合することによって、双方の利点や役割をどのように生かしていくかが今後の課題となります。
 母校、2021年度の大学入試におきましては、東大4名、国公立大学126名、早・慶・上智168名他、有力私大への合格者を増やすなど、また、医学部には63名が合格しており、進学校としての地位を着実に確立しています。
 今後の受験生に期待し、そして、先生方のご努力に感謝申し上げ、良い結果が得られますことを願っております。
 校友会もPTAの皆様と協力し、母校発展のために尽力する所存ですので、会員の皆様の更なるご理解とご支援を賜りますと共に、皆様方のご多幸とご活躍を祈念申し上げまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。