kyuudoubu

クラブOB会の活動を紹介します。
クラブOB会の開催案内、結果報告を紹介します。
校友会本部広報委員会にお知らせ下さい。

「弓道部OB会」が閉会
 昭和9年、当時の鹿江三郎校長時代、多くの中学校に先駆けて弓道を正課にすることが決定した。この主旨を理解された細野潔先生や実務指導の加藤先生のお力添えで、2年後には道場が竣工された。当時の弓道部員は順次力量を評価されていったが、終戦後、武道廃止となり廃部を余儀なくされた。
 時は流れ、昭和57年に荒井保先輩(33回)などからOB会結成の希望が高まり、67名の賛同で発足することが決まり、同年6月20日に海岸中央の逗子会館に集まった。
 顧問に細野先生、初代会長は三觜義雄先輩で、その後毎年5月に定期総会を行ってきた。
 創立百周年に先立ち、OB会の田中達郎副会長が校友会の会長職になられ、OB会として「弓道」をテーマに軌跡を辿る記念の回想誌を作成した。
 しかし、高齢化が進み、会員数も減少、平成12年には5代目の渡辺誠一会長のもとに10名前後、数年後には終始ご熱心の39回卒から大江謙一郎氏のもとで世話人会運営としたが、ご尽力戴きながらご逝去されました。
 やむなく代行の門脇氏により今回の決断に至った次第です。
 ここで改めて学園の素晴らしい躍進の数々を尊び『校友会報開成祭2011の中で小学校高学年達から「弓道部」入部希望に添える様』更なる発展と実現を希望しつつ我が会の終結宣言と致します。
 平成24年5月
       北村 忠司