逗子開成学園校友会運営の中心は各地区校友会です。在住地・在勤地などにより任意の地区会に参加できます。

横浜会

会長 大野 秀憲(高13回)

屋形船でお花見の会

yakatabune.JPG 2019年3月31日(日)、前日までの寒さも和らぎ風もなく絶好のお花見日和となりました。今回は志村会長をはじめ、その他の地区会の会長の皆様、そしてPTAの方々の参加もいただき総勢36名。貸切船で和気あいあいと楽しい時間を過ごしました。 午後3時に乗船を済ませ、幹事からのあいさつ、参加者全員の紹介の後、テーブルには続々と新鮮な刺身や天ぷらなどが並べられ、各種飲み放題のお酒と共に船は大岡川に向けて動き出しました。 今年は桜をほぼ満開に近い状態で見ることが出来ましたが、花を見ながら感傷に浸っていたのも束の間のことです。あとは例年通り、話に花が咲き、船から大岡川沿いの街の風景を見ながら、ほろ酔い機嫌でゆっくりとした時の流れを感じるのも一興でした。 お花見という日本の文化を味わいつつ、限られた時間ではありましたが楽しく有意義な一時を過ごすことが出来ました。(横浜会幹事 高19回 後藤 寿一)

平成30年度総会を開催

yokohama-soukai2018.jpg 平成最後の総会が平成30年9月8日(土)に、高岡武士さん(高21回)経営の横浜中華街大通り均元樓にて15時より、来賓10名とPTAOB会長柳瀬氏をお迎えし総勢45名にて開催しました。
 校歌斉唱、物故者への黙祷、事業報告・決算及び事業案・予算案と役員改選共に承認を頂き新年度のスタートを切る事が出来ました。
 役員改選では新たに高19回の斉藤和夫さんを副会長、高25回の目黒泉さんを常任幹事に加えスタートすることとなりました。
 来賓を代表して逗子開成学園高橋純校長より学業の実績及びクラブ活動の実績についてお話をいただきました。ヨット部、水泳部などがインターハイにおいて良い成績を上げているお話もあり文武両道であるとの事。続いて志村政俊校友会会長より校友会の活動についてお話をいただき懇親会に移り、出席者の学校時代の思い出やその後などを話し合い吉野副会長の締めでお開きとなりました。
 (高13回 大野 秀憲)