クラブOB会の活動を紹介します。
クラブOB会の開催案内、結果報告を紹介します。
校友会本部広報委員会にお知らせ下さい。

高校ヨット部の快挙を称え、祝勝会を開催

ヨット部トリミング.jpg2015年国際FJ級選手権大会兼第33回全日本FJ級ヨット選手権大会レースが同年7月26日から8月1日まで葉山港にて開催されました。
 全国各地の参加校に加え、オランダ・ドイツ・スロベニアからのエントリーがあり、参加艇数52艇で全11レースが行われました。
 逗子開成高校からは6チームが参加し、中・多田組が優勝、小野・望月組が準優勝という快挙を達成。
 逗子開成高校ヨット部OB会はこれを称え、2016年3月に海洋教育センターにて20名以上のOBが出席して祝勝会を開催しました。
 OB会は今後のますますの活躍に期待し、各方面でサポートしていきます。 
                               (筆者:高31回 青木 佳朗)

平成23年度活動報告 

高校ヨット部OB会
①平成23年6月18日(土)
OB総会に先立ち、釣り大会を開催。
場所:葉山沖(船づり)。参加者10名
葉山・あぶづり港より出航、あいにくの小雨模様でしたが、参加者全員楽しみました。
②同日、OB総会開催。
場所:葉山新港クラブハウ
OB参加者20名で各行事報告。会議終了後、現役学生との懇親会を開催しました。
③平成23年9月23日(土)
OB・現役親睦ヨットレースを開催。
現役学生とOBの親睦を図るためのヨットレースも今年で19回目を迎えました。
二人乗りヨットに現役学生とOBが乗艇。逗子湾で白熱したレースを展開。レース終了後は懇親会を開催、高校生たちとヨットについて語り合い、楽しいひとときをすごしました。
④平成24年1月21日(土)
OB会新年会を開催。
OBが経営するレストランで23名のOBが参加。近況報告やゲーム大会を行い、大盛況の内に終了しました。

ヨット部OB会 創部60周年記念式典を開催しました
逗子開成高校ヨット部は、2009年創部60周年を迎えましたので、平成21年11月28日(土)午後1時から母校海洋教育センターにおいて記念式典を催しました。戦前にもヨット部が存在していたそうですが、今度の行事は新制高校からのものとさせて頂きました。
昭和24年(1949年)にヨット部が創設されると直ぐに黄金期をむかえ、神奈川県大会、関東大会は勿論のこと、全日本インターハイや国民体育大会で数多くの好成績を収め、逗子開成高校ヨット部の名を全国に知らしめました。また、各大学に多くの逗子開成高校ヨット部卒業生を輩出しまいりました。
昭和終期から平成期に入り、少し低迷した時期もありましたが、海洋教育センターの開設や学校改革等が着々と実を結び県下有数の進学校になり、中学生教科のOPディンギー制作や帆走実習等でヨット部員が増え、ヨット部OBの内田伸一氏が部長に就任するに至り、昭和期とは違った黄金期を再度むかえようとしています。式典当日には、OB、ご家族、現役中高校生、ご父兄などの多数の参加を頂きました。

ヨット部OB会 ○会   長 下里秋作(高15回) 
        ○実行委員長 大原靖弘(高15回)
        ○問 合 せ 下里 迄 090-8305-8823