校友会会費納入のお願い

校友の皆様からの年会費で校友会活動の充実を図ります

1993年の校友会総会で年会費制の導入が決まり、校友会会員データベースによる住所で毎年納入のお願いを郵便でお送りしています。

年会費制導入の意味は「校友会の充実」の一言に尽きます。
その第一は組織の拡大です。校友名簿掲載人数が組織の大きさでなく、これに参加し活動する実数が重要なのです。校友には逗子開成に学んだ共有の体験があり、一人ひとりが更に「逗子開成の友と友」の輪を拡大していくことがこれからの課題です。
第二は財政基盤の充実です。年会費導入前は各地区会ごとに年会費を徴収していましたが、その納入者合計は卒業生総数の4パーセント弱に過ぎませんでした。校友会本部が各地区に活動援助するためにも、校友会会費年会費制を導入しました。
第三は情報提供の円滑化です。母校を原点とした校友の社会的活動は常に動いており、明るく前向きな情報に溢れています。会報「開物成務」は平成2年に創刊号を発行して以来、年に2回発行し、多くの情報をお届けしています。校友会Facebookページ及びホームページではそれを速報の形できめ細かく校友の皆さんにお届けするよう努めています。

会費納入方法 毎年7月末日までに所属する地区会事務局から「年会費納入のお願い」「会報・開物成務」「郵便局の払込取扱票」をお送りします。8月末日までに年会費2,000円を郵便局から払込んで下さい。払込手数料は校友会が負担します。

9地区以外に在住、在勤の校友には校友会本部から直接お送りします。
校友会へのお問い合わせは校友会本部宛メールでお願いいたします。

転居などで住所が変わり、校友会からの郵便物が届いていない校友(卒業生及び在籍した方)はメール及びはがき・封書で校友会本部までお知らせ下さい。
メールはinfo@z-kaisei.org宛てに。
はがき・封書は 〒249-8510 神奈川県逗子市新宿2-5-1 逗子開成学園校友会 宛てに。
FAXは 046-873-8459 宛てに。