日本経済新聞に掲載

田邊松坡の名で漢詩人としても活躍した学祖・田邊新之助先生

袴田潤一先生(元校長)が松坡文庫研究会代表として田邊先生の紹介と会の活動を寄稿

 田邊新之助先生(1862〜1944年)は、ご存知のように母校・逗子開成中学校や鎌倉女学校(現鎌倉女学院)を開き、また、田邊松坡(しょうは)の名で漢詩人としても活躍された。
 約6,000冊とも言われる田邊先生の蔵書は、遺族により現在の鎌倉図書館に寄贈されたが、未調査文があり全容が不詳だったため、2018年に「松坡文庫研究会」を立ち上げて袴田先生が代表に就かれた。
 新聞紙面では、教育者として、また、漢詩人としての田邊先生が紹介され、松坡文庫研究会の活動も詳しく書かれている。

2019年(令和元年)5月29日(水)