校友会グッズ・懐中時計について

 校友会が販売した裏蓋に校章を彫り込んだ懐中時計は、すでに在庫がなく希少品となっています。お求めになった皆さまは、年数が経たため動かなくなったままお手元にある方も多いかと思います。
 この時計は電池式ですので、新しい電池と交換していただければ、動くようになります。
kaityutokei.pdf

HP管理人が、自分で電池交換をしてみました。
まず、裏ブタをはずします。小さいマイナスドライバーを使いました。ちょっと手こずりましたね。
写真上、白いプラスチックカバーの下、右上の赤丸の部分に電池がありました。
白いプラスチックカバーを外すと、電池が取り出せます。
電池の品番は「SR626SW」で、SONY製でした。

さっそくホームセンターに電池の買い出しに。
SONY製ではなく、maxell製で同じ品番がありました。
入れてみたら…見事、動き出し、時を刻み始めました。

裏ブタを外したので、これからは雨の日などは注意して使っていきたいと思います。