海外にチャレンジする生徒を支援

校友会による「海外留学生支援制度」を新設

 母校は、教育の柱の一つとして、国際貢献の出来る人材を育てる「国際交流」を掲げ、海外研修旅行、夏期海外研修に加えて海外留学制度などのプログラムを用意することにより、他国の生徒との交流や多様な価値観に接する機会を提供しています。
 校友会は、こうした母校の方針に沿い、海外にチャレンジする生徒を支援するために、「海外留学生支援制度」を新設し、2017年4月1日から実施しました。長・短期の海外留学生を対象として、支援金(支度金として長期3万円、短期2万円)を贈呈します。
 本制度が、グローバル化が一層進展する中で、広い視野を持った世界に通用する逞しい人材の育成の一助になれば幸いです。