<>



同期会の活動を紹介します、下記をクリックしてご覧ください。

高18回(一八会)

2019年開催報告
  第14回目の同期会が令和元年11月30日(土)開催に決定し、案内の発送にあたり連絡が取れる人数が卒業時の約三分の一で100名程度となっていたことに驚きました。また、返信がその7割で出席出来ない理由が『身体の具合が悪く』であることが多く、年を取った原因なのか?その中で、奥様より主人は亡くなりましたとの返信もありました。
 毎回出席の近藤敬先生も亡くなられ、恩師山内宏先生一人と校友会を代表して菅原享組織委員長を来賓として、同期25余名の出席のもと、一八会実行幹事大宮・船見君及び会長八木君の開会挨拶により始まりました。
 今回の会場は「横須賀・割烹住よし」。音楽部後輩の店で予定通り山内先生よりご挨拶賜り、校歌・乾杯に入り、それぞれが好きなものを飲みながらあちこちで話の輪ができ旧交を温めあっていました。
 その中で、話題の種を持ってきた数枚の写真でした。それは授業中の教壇でいま亡き先生方の写真でしたが、勿論若い姿の山内先生もあり懐かしさがありました。
 その当時はインスタントカメラ、スマホもない時代でした、わざわざカメラを持ってきて撮影したので授業は聞いてなかったと思われます。昔の開成かな・・・
 また、ギターを持参したプロの歌手(蒲谷幸一君)が流石の美声を披露して盛り上がりましたが、予定の時間はあっという間に過ぎ、出席者のほとんどが二次会へと場所を変え再燃焼し、最後は次回を楽しみにと散会となりました。
 同期とは、その時代に戻れて次のステップへの活力になろうかとお思いますので、未だ同期会を実施してない卒業生は校友会に相談してはどうですか。
(高18回 鈴木 邦夫)

2017年開催報告
 2017年11月11日、母校海洋教育センターで第12回目の同期会が開催された。山内先生も参加され総勢40数名。それが「歳」相応に元気?な様子、安心もし、喜びも持つことができた。
 あれから10年、今年度中には「古希」を…。かつて在学中にここまで来るとは参加者全員考えたこともなかったと思う。
 今回は、小池俊雄君(F組)に「おれおれ詐欺」の講演を依頼した。講演に当たっての事前準備に苦労されたとのこと、大変感謝します。
 また、今回の出欠のハガキの中で、体調不良などにつき不参加との連絡。少しでも回復されんことを心より祈念します。
 最後に、ともに一時、同じ場所で同じ空気を吸ったもの同志、健康に十分留意し「ボチボチ」と残りの人生を楽しもう、来年もまた再会を! (八木 照夫)

2013年開催報告
 高18回の同期会が晴天の2013年10月8日、母校海洋教育センターで、恩師近藤敬一先生(英語)、山内宏先生(体育)のお二人をお迎えして、明るい光に満ちた会場に38名の同期生を集めて開催された。
 中には初参加の友もいて、それぞれの面立ちや体形の変化に破顔一笑!肩を叩き近況を告げ合って、それでも「昔の面影あるなア」などと写真など取り合ったりもしつつ、月日の流れを想い懐かしい学園生活を遠く思い出しながらの語らい…。
 料理を味わい酒にほろ酔ううち、予定の時間をオーバーするほどに楽しんだ一日となった。改めて当日の手配など、現会長の船見君をはじめ、鈴木(邦)、落合、大宮、八木、鈴木(勉)、沖野、蒲谷各氏等のご尽力に感謝します。(瀧川 和人)