<>



逗子開成学園校友会運営の中心は各地区校友会です。在住地・在勤地などにより任意の地区会に参加できます。
各地区会の活動については、下記をクリックしてご覧ください。

相撲部OB会

2019年度総会を開催しました

 令和元年度の相撲部OB会が令和2年2月2日(土)よこすか平安閣にて開催しました。今回もクラブOB会や校友会の地区会、横須賀市相撲連盟から来賓の方々にご参加いただきました。
 事業・決算、新年度事業案・予算案が滞りなく承認された後、長年相撲部OB会を支えてくれた照井会長の任期満了よる退任に伴い新会長の選任議案に入りました。
 会員からの推薦により、鈴木邦夫(高18回)と小池隆興(高29回)が候補となり、それぞれが意見を述べた後、会員の採決により小池さんが新会長に選任されました。
 現在母校には相撲部が無く、新しい会員を増やすことが難しい状況です。そんな中、高30回の浜口司さんが三浦会の中戸川さんの紹介で初参加されました。今後も新しい会員や校友のつながりを頼りに、後輩の相撲部OBに声掛けをして会員を増やしていくことを確認しました。
 総会終了後、東京会の菅野会長よりご挨拶をいただき、懇親会は剣道部OB会の稲葉会長の乾杯の挨拶でスタートしました。
 和やかな時間が過ぎ、校歌、応援歌を熱唱した後、西崎先輩の相撲甚句で締めとなりました。過去5年連続で柔道部の生徒たちが参加していた、春季高校相撲大会の県大会と関東大会が今年は中止となってしまったため、応援が出来ず大変残念です。
 また、例年、運営に関わっている横須賀市の相撲大会も年内の春と秋の大会が中止となってしまいました。しかし、相撲部OBの照井さんや西崎さんが関わっている相撲教室は7月から再開されることになり、今後も相撲の普及活動をサポートしていきます。
 (高29回 大須賀裕司)

2018年度総会を開催しました

 2018年度相撲部OB会総会を10月27日(土)、よこすか平安閣で開催しました。当日は来賓として東京会、剣道部OB会、ヨット部OB会の会長及び副会長や横須賀市相撲連盟の副会長も参加いただきました。
 照井会長の挨拶では相撲部OB会の運営についての話がありました。その後、活動及び収支の報告の了承を得て議事は無事に終了。
 懇親会では剣道部OB会長の稲葉会長からご挨拶をいただき、運動部OB会の活動のあり方などなどについてお話をいただきました。
 川奈先輩(高11回)の乾杯の音頭で懇親会も和やかに進み、OBで学校の常任理事を務める千葉先輩(高10回)より現在の母校についてお話いただきました。OB会からは母校に土俵を作ってほしいとの要望を伝えました。
 会の後半では恒例の某先輩(高10回)による「ツンツン節」と「開成数え歌」、その後、応援歌を皆で歌い、楽しい時間もあっという間に過ぎてしまいました。
 最後は白川先輩(高15回)による一本締めで中締めとなりました。  (高29回 大須賀 裕司)

2017年度総会を開催しました
 2017年度相撲部OB会総会を11月26日(日)、よこすか平安閣で開催しました。当日は来賓として東京会や剣道部OB会、野球部OB会の会長や副会長及び相撲の普及で活動を共にしている横須賀市相撲連盟の副会長も参加いただきました。
 照井会長の挨拶では今後の相撲部OB会の運営についての話がありました。その後、活動及び収支の報告の了承を得て議事は無事に終了。
 総会の最後は元気に参加していただいた佐々木先生からご挨拶をいただきました。
 懇親会では剣道部OB会長と野球部OB会長からご挨拶をいただき、各運動部OB会を発展させていくためにも相互に協力していくことが大事であることを確認し合いました。
 また、来年の春の関東高校相撲大会が三浦市で行われるため、柔道部の生徒達が出場した場合、相撲部OB会として例年以上の協力と応援をしていくことも報告されました。
 千葉先輩(高10回)の乾杯の音頭で懇親会も和やかに進み後半には某先輩(高10回)の「ツンツン節」と「開成数え歌」で大いに盛り上がり、その後、応援歌を皆で歌い、締めは西崎先輩(高26回)が昨年途絶えてしまった相撲甚句を復活させてくれました。最後は永野先輩(高12回)による三本締めで中締めとなりました。
 今年も相撲部らしいOB会総会を開催することができました。(高29回 大須賀 裕司)