逗子開成学園校友会運営の中心は各地区校友会です。在住地・在勤地などにより任意の地区会に参加できます。
各地区会の活動については、下記をクリックしてご覧ください。

逗子会

令和2年度総会について

 日頃より、校友会逗子会活動へのご支援、ご協力頂き有難うございます。
 さて、令和2年度の校友会逗子会の総会につきましては、新型コロナウイルスの感染状況を勘案し、会員とご家族の方の健康を守るため、今年度は表決書により議決する事とさせて頂きました。
逗子会会員の皆様には、下記の総会資料を発送し致しました。
 議決事案についての賛否は、新型コロナウイルスの感染予防の為同封の返信ハガキに署名の上ご返信頂く様配慮致しました。
 全議案で賛成が過半数を超えましたので、可決承認されましたことをご報告致します。なお、役員改選により、新会長に鈴木克幸(高16回)、副会長に萩原靖裕氏(高27回)、幹事長に岩堀恭一氏(高21回)が選任されました。
会計に岡野弘幸氏(高13回)、監査に鈴木安之氏(高9回)、同じく監査に廣木忠厚氏(高10回)が再任されました。
(高16回 鈴木 克幸)

過去の総会

令和元年度総会を開催しました


 逗子開成学園校友会逗子会総会は2019年6月23日、学園から立川丈夫理事長、校友会からは志村政俊会長はじめ、各地区会々長に御来賓頂き、総勢32名で海洋センターにて開催されました。
 鈴木克幸氏の指揮で校歌を斉唱、平成30年度の事業、収支決算報告、令和元年の事業、収支予算案の各議案を清田耕一郎氏の議長で滞りなく進行しました。
 ご来賓代表として立川理事長より、学園の現状のご挨拶、志村会長より校友会事業の特に会員増員等々のご挨拶を頂き無事総会を閉会致しました。
 閉会後、ゲストしてお招きしました、元海上自衛隊第46代自衛艦隊司令官(海将)松下泰士氏の「現在の日本の防衛」と題し、約30分のご講演を頂きました。通常では伺えない内容でしたので、参加者皆さん改めてアジアの防衛の大事さを感じられたと思います。
 その後、記念写真を撮り、鈴木克幸氏の司会、清田耕一郎氏の乾杯で懇親会をスタート。
 「日本の防衛」の講演を頂いた、松下泰士氏に講演では伺えなかった、かなり際どい質問をされたり、逗子会の会員増強をいかにするか等々飲食しながら、和やかな内に閉会をいたしました。
 (高21回 岩堀 恭一)

平成30年度総会

 平成30年度逗子会総会は6月30日(土)に母校海洋教育センターで開催しました。母校からは小和田亜土教頭、校友会からは鈴木正祐副会長兼葉山会会長(高11回)はじめ各地区会会長各位を御来賓に迎え、会員26名が参加しました。校歌、物故者の黙祷に始まり鈴木安之(高9回)の議長により四議案の説明、可決。御来賓の挨拶、で閉会。
 閉会後、元(株)バンダイの社長であり(社)日本おもちゃ協会会長で作家の山科誠氏(ペンネーム・茶屋二郎)が出版された西郷隆盛・「こげなお人ではなか」のタイトルで講演会を開催、NHKテレビで放映している西郷隆盛とは違う一面を楽しくお聞きしました。後、鈴木克幸(高16回)の司会で懇親会。新宿湾を見ながら昔話で盛り上がり、逗子会会員を増員するのに、どうすべきか等々の意見が出、盛況な内に閉会しました。
 (高21回 岩堀 恭一)